drmartens1460saleonlineshop.com

生涯年収と各人のライフスタイルについて

生涯年収と各人のライフスタイルについて 生涯年収というのは誰にとっても多ければ多いほど良いものですが、一方で一生という長いスパンで見るとお金の使い方次第で必要な金額も変わってくるものです。節約志向の人間なら生涯年収が低くても十分に豊かな生活を送ることが出来る一方で、比較的浪費型の人間なら相当生涯年収が多くないと日常生活に不満を感じるかもしれません。このように自分の一生にいくらの金が必要なのかは各自のライフスタイルが大きく影響するので、一概にいくらあれば十分ということは言えないものです。

ところで一般の労働者が一生に大体いくらくらい稼ぐのかは知って置いて損はありません。たとえば平均年収500万円の人が40年働き続けたとしたら大雑把に言って大体二億円のお金を一生で稼ぐ事になるわけです。これを多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですが、すべての人がこのくらいを目標に考えておけば、少なくとも生活に困るということはなくなるのではないでしょうか。この数値はいわゆる大企業に勤めている人や公務員には決して無茶な数字ではない一方で、アルバイトや非正規で働いている人にはかなりつらい数字でしょう。しかしだからといってまともな暮らしが出来ないわけではありません。収入が少ない分節約志向で行けば生活は成り立つし、老後の備えだって十分整えることが出来るでしょう。

Copyright (C)2015生涯年収と各人のライフスタイルについて.All rights reserved.